医院紹介

HOME > 医院紹介

診療内容

脳神経外科・神経内科

脳梗塞・脳出血後遺症、頸椎疾患・腰椎疾患、末梢神経障害、パーキンソ病(症候群)、認知症、てんかんなどの診断治療を行っています。 特に最近では脳血管障害の基礎となる生活習慣病(高血圧・糖尿病・高脂肪血症)など予防にも力を入れています。 最近、増加している睡眠時無呼吸症候群の検査や治療もおこなっています。
→痛みに関するコラム参照

整形外科

けが、肩こり・腰痛、膝・肩等の関節障害などの治療を行っています。巻き爪には、弾性wireによる治療も取り入れています。
→痛みに関するコラム参照

リハビリテーション

積極的新しい治療機械を導入するとともに、マッサージや体操など用手的な治療を行っています。

疼痛治療

神経障害性疼痛・慢性疼痛といった難治性の痛みに対し、各種ブロック注射や漢方処方も含めた内服治療をおこなっています。
→痛みに関するコラム参照

装具外来

腰椎コルセットをはじめ、膝関節症の方の足底装具など、専門の装具採型士が症状にあった。

生活習慣病・栄養指導外来

動脈硬化の測定とともに、高血圧、糖尿病、高脂血症などいわゆる生活習慣病(メタボ)の方を対象に管理栄養士(糖尿病指導師)による栄養相談外来を行っています。

在宅医療

通院困難なかたを対象に、往診・訪問診療を行っています。最近、訪問リハビリテーションも開始しました。

▲ページのTOPへ

院内紹介

待合室

待合室バリアフリーで車いすの方でもそままお入りいただけます。ウイルスバスター機能付き空気清浄機設置しています。

院内TV

院内TV待合室には院内TVを設置し、各種医療情報をお知らせするとともに、通院されている患者様の皆様が作成された絵画・書・写真・陶芸・和歌・川柳な様々な芸術作品を発表していただいています。

ご意見箱

ご意見箱待合室にはご意見箱を設置しご意見を承っています。

当院で可能な検査

X線検査室

X線検査室圧迫感を和らげるためカモメの飛ぶ壁紙にしてあります。

HbA1c迅速検査装置

HbA1c迅速検査装置糖尿病の指標であるHbA1cが5分ほどで検査できます。

Form動脈硬化診断装置

動脈硬化診断装置四肢の血管の閉塞や狭窄、動脈硬化の程度の診断に使います。

重心動揺検査器

重心動揺検査器めまい・ふらつき等の診断に使います。

超音波診断装置

超音波診断装置皮下の腫瘍や腹部の検査につかいます。

神経伝達速度測定装置

神経伝達速度測定装置末梢神経の障害の診断につかいます。

癌スクリーニング:アミノインデックス検査

アミノインデックスとは血液中のアミノ酸濃度を測定し、健康状態やさまざまな病気の可能性を明らかにする技術を活用した解析サービスです。健康な人とがんである人のアミノ酸濃度のバランスの違いを統計的に解析することで、がんであるリスク(可能性)を評価します。現在は、胃がん、肺がん、大腸がん、前立腺がん(男性)、乳がん(女性)、子宮がん(女性)、卵巣がん(女性)を対象としたリスク評価が可能です。

睡眠時無呼吸症候群の検査

睡眠時無呼吸症候群は、寝ている間に大きないびきを繰り返し、呼吸が止まる病気です。30人に1人は持っていると推測され、朝目覚めても何となくすっきりとせず、頭痛や身体のだるさ、のどの渇きを訴えます。毎晩続くわけですから、心身疲労蓄積や睡眠中の酸素低下が合わさり、高血圧症、糖尿病など、生活習慣病になる可能性もあります。心配な方はお気軽にご相談ください。

その他

各種血液検査・心電図など。

▲ページのTOPへ

リハビリテーション機器(積極的に新しいものを導入しています)

自動血圧計

自動血圧計リハビリ室に入る前には、血圧を測定しています。

マイクロウェーブ治療装置

マイクロウェーブ治療装置関節や腰を温めます、壁には癒し系の写真をかけています。

大腿四頭筋訓練装置

大腿四頭筋訓練装置膝関節症等で重要な太腿の筋力をupさせるのに使います。

座式エアロバイク

座式エアロバイク下肢筋力を鍛えてロコモティヴ症候群の予防に。

座式腰椎牽引装置

座式腰椎牽引装置理想的な牽引姿勢をとることができ腰の変形の強い方でも可能です。

超音波治療器

超音波治療器外傷や関節障害などに使います。

干渉低周波・低周波治療器

干渉低周波装置干渉低周波治療器

赤外線治療器

赤外線治療器

アイシング装置

アイシング装置急性期の外傷・腰痛に使います。




▲ページのTOPへ